スポーツ・芸能にほどよい独り言BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 明らかな誤審に対して抗議書を送付!

<<   作成日時 : 2006/08/11 21:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「明らかな誤審」ヤクルト、抗議書を送付 (2006年8月11日20時2分 読売新聞)
ヤクルトは11日、10日の巨人戦(神宮)の七回一死一、二塁で、三塁ゴロを処理した岩村のプレーに対するジャッジが「明らかに誤審である」などとして、セ・リーグに抗議書を郵送した。
「足がベースから離れて捕球した」として二塁走者の三塁封殺が認められなかったが、「捕球後にベースを踏んで一塁へ送球した」として併殺の成立を主張。「審判団の協議があっても良かった」などとした上で、審判の技術向上を求めている。

プロが下した判定は間違いないから従わなければならないなんて、ドコカのプロボクサーの父が言っていましたが、プロの審判に誤審がないなんてバカらしいことです。

あのプロボクシングの試合の判定は、微妙な判定ではなく、明らかな誤審だと誰もが思っています。何か知らない間に、「微妙な判定」という都合の良いコトバに置き換えられてしまったような気がします。

プロでも、過ちを犯すときはあるのですから、試合の結果はともかくとして、それを素直に受け止める何らかのコトバがあったならば、亀田興毅選手人気が不動のものになったことは間違いありません。

あの試合の後に、「どんなもんじゃー」と叫んだ亀田興毅選手に失望をした亀田ファンは多かったと思います。

  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
明らかな誤審に対して抗議書を送付! スポーツ・芸能にほどよい独り言BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる