スポーツ・芸能にほどよい独り言BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS テレビは、巨人戦より高校野球です。

<<   作成日時 : 2006/08/19 11:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

巨人戦より高校野球、視聴率連日10%超え 日刊スポーツ 2006年 8月19日 (土) 09:56
夏の甲子園が、プロ野球をテレビ視聴率で圧倒していることが18日、ビデオリサーチ関東地区の調べで分かった。NHKが放送する第88回全国高校野球選手権は、6日の開幕から17日までの12日間のうち5日間計9試合で2ケタの視聴率をマーク。6月11日の楽天戦を最後に、ナイターにもかかわらず10%の壁を超えられない巨人戦に大差をつけている。
逆転に次ぐ逆転で盛り上がる試合展開が関心を呼んでいる。3連覇を狙う駒大苫小牧が6点差を逆転した15日午前放送の青森山田戦が、今大会最高の13・4%を記録したのをはじめ、9回に両校合計13点が入った17日の準々決勝、智弁和歌山−帝京は9・7%と高い数字を残した。
だが、関東でNO・1の高視聴率校は、18日に26年ぶりに準決勝進出を決めた早実だ。6日昼の鶴崎工戦11・6%、12日夕の大阪桐蔭戦13・4%、16日朝の福井商12・7%と、準々決勝進出までの3試合すべてが2ケタ視聴率だった。名門の快進撃もあるが、甘いマスクの斎藤佑樹投手(3年)のスター性が若い女性にも話題になっている。大先輩荒木大輔(西武コーチ)の人気をほうふつさせる「佑ちゃんフィーバー」が、茶の間のオールドファンにも共感を呼んでいる。
「大ちゃんフィーバー」「KK」など、高校野球人気の絶頂だった当時の数字と開きはあるが、激戦とスターが誕生すれば、野球への関心はまだ高いことを視聴率が物語っている。

青空の下、激戦を繰り広げる高校野球、ドームという恵まれた環境の中でツマラナイ試合を繰り広げるプロ野球、視聴者が明確に数字として答えを出した結果ではないでしょうか。

今のプロ野球には、視聴者が求めているものが欠けてしまったということでしょう。

企業論理で片付けてきてしまった野球経営、Jリーグ、bjリーグ、四国アイランドリーグ等、地元に密着したプロチームの誕生により、プロスポーツの楽しみ方も多様化し、ムリに巨人に求めることはなくなってしまいました。

さらば、プロ野球!

  
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
テレビは、巨人戦より高校野球です。 スポーツ・芸能にほどよい独り言BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる