スポーツ・芸能にほどよい独り言BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 日米野球の必要性はナクなった!

<<   作成日時 : 2006/10/16 20:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

野村監督苦言 「自己中心」…日米野球の辞退者続出 (2006年10月16日06時01分 スポーツ報知)
「イオン日米野球2006」の日本チーム監督を務める楽天・野村克也監督(71)が苦言を呈した。「こっちがまだ選んでもいないのに、辞退してきている選手もいる。自己中心の選手が多すぎる。ペナントレースで普通にやっていて何が体調不良だ」と出場辞退者が続出しそうな現状を憂えた。
「やるからには喜んで出てくれる選手でやるのが一番。何なら楽天対メジャーでやってやろうか」と皮肉った。元メジャーのオリックス・吉井が出場志願しているが「無理やな。マネジャーとしてならいいけど」と言い、あくまでベストメンバーを組み、打倒・メジャーを目指すことを強調した。

ジャイアンツが全盛期の時代、野茂英雄投手がメジャーの扉を開けていなかった時代なら、日米野球開催の意義があったかもしれませんが、次から次と日本の選手がメジャーに行けるようになった時代、そこに何も求めるものはなくなったと思います。

NHK紅白も、そこに出場することによって歌手のステイタスが上がった時代、何の価値もなくなったレコード大賞、時が経てば、変わらなければならないことはたくさんあります。

シーズンオフの大事な時期を使って、日米野球を開催することなどやめるべきで、選手に選ぶ前から辞退者が出るようでは、プロの選手がイチバンわかっているといっているのも同じことです。

しかし、ノムさん、元メジャーの吉井投手に対するマネージャー発言だけは許すことができません。

謝罪をするべきです!

  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日米野球の必要性はナクなった! スポーツ・芸能にほどよい独り言BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる