スポーツ・芸能にほどよい独り言BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 落語は手話に変えられるものではない。

<<   作成日時 : 2007/11/10 10:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

三笑亭夢之助、手話通訳に「気が散る」発言 (2007年10月31日13時54分 スポーツ報知)

落語家・三笑亭夢之助さんの手話通訳に「気が散る」という発言を読んだときに、

障害者の方にも、落語を楽しんでいただきたいと、手話落語を演じていらっしゃる落語家の方を思い出した。

落語は手話に変えられるものではない。

とは、マッタク、とんでもないというか、落語家というよりも、一人の人間として一からやり直してほしい発言であった。

会場には、障害者の方が来場されていたようで、どんなにつらい思いをされたかと思うと、単なる謝罪だけでは済まされることではないと思います。

もう一度、ドウ会場で、

謝罪の意を込めて、自らが手話落語を演じるべきです。

  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
落語は手話に変えられるものではない。 スポーツ・芸能にほどよい独り言BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる