あの武さんの2週連続落馬について

WBCの監督になってしまった原さんが悪いのではなく、

原さんをWBCの監督にしてしまった日本プロ野球が悪いのではないか。

もはや、

ジャイアンツがすべてではなくなってしまった日本プロ野球なのに、

ジャイアンツがすべてであるように日本プロ野球をやっている馬鹿馬鹿しさである。

コレが、

日本シリーズとアジアシリーズを制した渡辺さんがWBCの監督になってしいたならば、

少しは、

日本のプロ野球がファンのほうを向いていたかもしれない。

第一、

アジアシリーズを東京ドームでやること自体、

マッタクばかげたハナシといわざるを得ない。

ソンナアジアシリーズなどヤラナイホウガいい。

最高のレベルでベースボールをやりたいと海を渡る選手達の気持ちは、

ジャイアンツが導いたことはホボ間違いない。

日本でプロ野球をやりたくない選手達と、

日本のプロ野球など見たくないファンの共通した思いは、

アメリカと日本の時差がないことではなかろうか。

もしも、

日本のゴールデンタイムにライブでメジャーリーグが行われたならば、

誰も日本のプロ野球など見るものはいないだろう。

そんなことよりも、

日本にメジャーリーグのチームが誕生したならば、

そんなことも夢ではなくなる時がくるのも近い将来かもしれない。

そうなれば、

日本プロ野球は、

四国九州、北信越、関西の独立リーグと同じ、

単なる一地域の独立リーグになることは間違いない。

そう、

アノ武豊さんかも、

2週連続して落馬するコトがあるのです。

  

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック