酒井容疑者が主導権 ?

裁判員制度のPR用映画で、

裁判員にえらパレた主婦役を演じてしまった酒井法子容疑者。

早速、

ホームページから削除、

映画の貸し出しを自粛した法務省ですが、

もしも、

酒井容疑者が演じたのが、

被告人役であったならば、

もしかして、

法務省の対応も違ったかもしれない???



コノ件に関するテレビ報道のコメントの中で、

アノ状況から、

高相容疑者ではなく、

もしかして、

酒井容疑者が主導権を握っていたのではないかというハナシがあり、

更なる驚きがないように、

一刻も早く、

姿を現してほしいものです。

  

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック