テーマ:大相撲

アノ大鵬、柏戸時代が、懐かしくてたまらない。

ナンだか、 ウヤムヤになってしまった朝青龍問題・・・・・・、 ヤハリ、 横綱としての品格よりは、実力がものをいうということなのか、 ソレでも、 朝青龍の強さは変わることがなかった。 というか、日本人力士の、アマリの不甲斐なさに失望してしまい、大相撲という国技のインターナショナル化に対応できていない相撲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本相撲協会の責任はない???

単なるパフォーマンスとしか見られていない被害者宅の訪問、 仮に、 逮捕者が出ても、部屋の責任で、その部屋を管理している理事会にはナンの責任もないと語った北の湖理事長、ナニか世の中の空気を読み間違えているとしか言いようがない。 しかし、 少しは世の中の空気がわかってきたのか、マスコミの突然のインタビューに対しても、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時津風親方が責任を取るべきだと北の湖理事長のヒトコト

本日、午後5時過ぎから行われた北の湖理事長の記者会見、 日本相撲協会の最高責任者としての責任を質問された回答が、 「時津風親方が責任を取るべきだと思います。」だった。 ダカラ、 理事長はどうするんだよと、アンタが最高責任者であるはずなのに、まるで他人事のような記者会見振りに、段々と怒りがこみ上げてきた。 確…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

時津風親方の「笑顔」と「出ていけ!」という発言に、

時津風親方の笑顔の写真と、 テレビのNEWSで見た時津風親方の「出ていけ!」という発言に、 この事件のすべてが語られているように感じた。 何もしない、 何もしようとしない北の湖理事長に、朝青龍の時には我慢していたけれど、もう我慢できなくなった。 ツイに、大相撲も行くべき場所を見失ってしまったようである。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

高砂親方の軽やかなしゃべりに・・・?

3度目のモンゴルは、約35時間の滞在で早々と帰国してしまった高砂親方、成田空港を出発する時を始め、機内のテレビ映像を見る限りではマトモなコミュニュケーションが取れていないことが伺えたのだが・・・・・・・・・。 帰国後の高砂親方の軽やかなしゃべりの記者会見を聞いていると、横綱・朝青龍との会話は普通に問題なくされているような内容で、ソ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ヤメテシマエよ、横綱・朝青龍!

モハヤ、アナタに日本の国技である相撲をやる資格などありません。 疲労骨折で6週間の休養と治療を要すると診断された人間がサッカーをしている姿、更にはモンゴルから成田空港に帰国した際の堂々としたふてぶてしいほどの姿は、その仮病説を明らかにしてしまいました。 ヤメテシマエよ、横綱・朝青龍! モハヤ、ドンナにイイワケを積み重ね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲:時太山の急死について

夕方のNEWSで、大相撲・時津風部屋の序ノ口力士、斉藤俊さん(17)=時太山(ときたいざん)=がけいこ中に倒れて急死したことを報道していた。 コノ四月に入門したばかりで、本人はけいこが厳しくて実家がある新潟県に一時逃げ帰っていたが、父の「もう少しがんばりなさい。」というコトバを受けて、東京に戻って名古屋場所の宿泊先に同行したが、ヤ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東西両横綱がモンゴル人力士とは、

<大相撲夏場所>白鵬、2場所連続3度目の優勝 横綱昇進へ 5月26日17時51分配信 毎日新聞 大相撲夏場所(東京・両国国技館)は14日目の26日、東大関の白鵬(22)=本名・ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル・ウランバートル市出身、宮城野部屋=が、西大関の千代大海(31)を寄り切りで降し、14連勝で千秋楽を待たずに2場所連続3回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新小結・豊ノ島、夏場所まであと3日

新小結・豊ノ島の夏場所球場が確実視されている中で、横綱・朝青龍の相撲界の最高峰の地位にいるものの品格等がイロイロと議論されている。 要するに、ソンナコトを教えずに、タダタダ強ければイイという外人力士の理論だけでなってしまった横綱に対して、今さらと強さ以外のものを求めるのはムリでしょう。 横綱に昇格する前に、タダ強いからという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうした朝青龍 2連敗?

朝青龍初日から連敗/春場所 3月12日18時33分配信 日刊スポーツ 横綱朝青龍(26=高砂)が結びの一番で前頭3枚目の雅山(29=武蔵川)に寄り倒しで敗れ、初日から連敗となった。初日からの2連敗は小結時代の01年名古屋場所以来で、横綱が初日から2連敗したのは99年秋場所の貴乃花、若乃花以来。雅山は初金星を挙げた。 八百長疑惑が報じ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

八百長問題と喫煙問題、そして・・・

支度部屋の禁煙徹底「ふんどし締め直す」 日刊スポーツ 2007年02月10日09時46分 八百長問題で揺れる日本相撲協会が、春場所(3月11日初日、大阪府立体育会館)から支度部屋での禁煙を徹底する方針を固めた。9日、北の湖理事長が「取組前だろうが後だろうが、力士がたばこを吸うというのはもってのほか。意識を徹底させたい」と話した。 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

星ひとつが80万円!?

週刊現代に朝青龍の八百長記事を書いたノンフィクションライターの武田頼政氏が、テレビ朝日「スクランブル」に生出演して、元小結龍虎氏と激論、 Q.大相撲に八百長は存在するのか。 A.龍虎 ない A.武田 ある Q.横綱・朝青龍は八百長をしている     A.龍虎 ×  A.武田 ○ 約30分間の生激論だった…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

玉春日、ワーイ・全勝キープだ!

横綱、大関はそろって白星 大相撲初場所6日目 産経新聞(2007/01/12 18:47) 大相撲初場所6日目(12日・両国国技館)今場所初めて横綱、大関が安泰。横綱朝青龍は旭天鵬を難なく小またすくいで下し、5勝1敗とした。 大関陣は千代大海が小結稀勢の里を押し出して5勝目。稀勢の里は2勝4敗。かど番の白鵬は小結露鵬を、魁皇は時天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

40歳になった力士の引退について

<大相撲>元十両の琴冠佑が引退届 [毎日新聞9月19日] ( 2006-09-19-17:17 ) 元十両で東幕下42枚目の琴冠佑(40)=佐渡ケ嶽部屋、北海道新冠町出身=が19日、日本相撲協会に引退届を出した。81年春に初土俵。96年初場所、当時最も遅い所要89場所で十両に昇進した。 琴冠佑は17日の取組で敗れたあと、支度部屋に戻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軽すぎる露鵬の処分は大丈夫?

暴行の露鵬、3日間出場停止 産経新聞(07/16 15:47) 日本相撲協会は16日、愛知県体育館で理事会を開き、大相撲名古屋場所7日目の15日に新聞社の男性カメラマン2人に暴行を加えた東前頭3枚目の露鵬(26)=本名ボラーゾフ・ソスラン・フェーリクソビッチ、ロシア出身、大嶽部屋=に16日の8日目から3日間の出場停止処分、師匠の大嶽親…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

朝青龍が休場しても、優勝は白鵬???

「次は狙うしかない」初優勝の白鵬、「綱」へ意欲 (読売新聞) - 5月22日12時19分更新 大相撲夏場所で、初優勝した大関白鵬(21)(宮城野部屋)が22日、東京都墨田区の同部屋で会見、「夢見てるみたい。初優勝を達成したので、次は、(横綱を)狙うしかない」と、抱負を語った。 せめて、朝青龍が休場した時ぐらいはと期待はしてみました…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

千代大海がただ1人全勝???

千代大海がただ1人全勝 雅山初黒星 大相撲夏場所6日目 産経新聞(05/12 21:28) 大相撲夏場所6日目(12日・両国国技館)大関千代大海が豪風を一方的に突き倒して、ただ一人全勝を守った。関脇雅山は小結旭天鵬に寄り切られて初黒星を喫した。 ほかの大関陣は、白鵬が琴奨菊を危なげなく寄り切り5勝目。魁皇は安美錦を突き落とし、琴欧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more